車の評価はどうするのか?



車の評価

どのような方法によるのでしょう。


車を購入するとき、下取り車があれば

下取り車の評価をして購入代金と相殺する

ということはよく行われています。


車の評価査定という方法で行います。

査定で減算する項目には

年式・事故の有無・走行距離・タイヤの消耗度

美観の程度などがあり、

総合して評価します。

また、購入当初の値引きの程度によっても

査定時には影響を受けます。


大安売りされていた車は

査定評価も安くなると言うことです。


次に残債があるかどうかの確認をします。

ローンの未払い・修理代の未払いだとかですね。

この残債は所有者に問い合わせれば

直ぐに教えてくれます。


車を担保にする場合は

この残債も減算対象になります。


そして残った数値が車の値打ちということですが、

満額は融資できません。


なぜなら、融資しても返済が済むまでには

更に車の査定価格が下がってしまうからです。

融資額の程度は車金融の業者によって

差異はありますが、極端な差はないでしょう。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


タグ:車金融
posted by 金融マニア at 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車金融について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。