金融車、まだまだ安心は出来ません。



前ページでは保険が入れたら

問題がないように受け取ったかも知れません。


でも・・・


それ以外にも問題があるんです。


金融車の値段は格安だから

とても魅力的です。


問題があるというのは

その金融車をローン会社が見つけたら

ローン会社は所有権を主張してきます。

貴方に占有権があるとしても

所有権の方が強いですよね。


これが問題なんです。

見つからなければ問題はないのですが・・・


金融車を購入するということは

訳あり車を購入するということであり、

それを承知の上で利用する必要がある

と言うことです。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)

タグ:金融車
posted by 金融マニア at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金融車について

金融車で注意しておくべき事について!



その1でお話ししたことは

質流れ品という感覚で良いかと思います。


2.
金融車で注意をしておくべき事項

についてお話しします。


とにかく値段は安いです!

訳あり品と言うことです!


何故こういう訳あり品が出来るのか?

そのメカニズムを知っておいた方が

理解しやすいと思います。


その1で説明をしたのは、

ローンが払えない引き取り車ですよね。



では、この利用者がローン返済の為に

車を担保に金策に走ったとしたら

どうなるのでしょう?


車検証の所有者はローン会社です。

使用者はローンの払えない利用者ですよね。


こういう車でも担保にしてお金を貸す

金融業者がいます。

車の保管料とか言ってかなりの手数料を

上積みされます。

それでも目の前の借金から逃れたい為に

利用する人がいるのです。

わらをも掴む気持なんだろうと思います。


沢山融資したようでいて、保管料などの名目で

ごっそり差し引いて

手に渡るのは微々たるものでしょう。

自動車ローンの返済に充てると言っても

1回分くらいのものかも知れません。


次に待っているのは・・・


自動車ローンと車担保業者への返済金です。


これって、かえって返済額が増えていませんか?


泥沼に落ち込んでいるんですよね。


この、後から貸した金融業者

未払いの時は容赦なしに車を取り上げます。


そして出回るのが「金融車」と言う訳です。


値段は格段に安いですよね。

でも所有者はローン会社です。

使用者は取り上げられた人です。


車検は使用者の印鑑(三文判でok)があれば

可能です。

車検に必要な納税証明書は?

これも貴方が代位に支払えばokです。

では、保険はどうなりますか?

自賠責保険は使用者名義になります。

任意保険(俗に言う上乗せ保険のことです。)

これに加入が出来るかどうかが問題です。


そんなの関係ないやーという人には

関係のない話です。

でも、事故を起こしてしまったとき

ホントに必要なのは上乗せ保険なんですよね。


加入できる保険もあるらしいのですが、

そこまでは説明できませんので、

保険会社に相談してから

可能なら購入するのも良いでしょう。


でも、問題はそれだけには留まらないんですよ。

以降は次のページでお話しします。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)


タグ:金融車
posted by 金融マニア at 20:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 金融車について

聞き慣れない金融車ってなんのこと?



金融車???

聞き慣れない言葉ですよね。


でも金融車って安いですよね。

お値段からすれば格安と言っても良いですね。

でも、何故金融車って言われるかを

納得してから利用するようにしましょう!


後でひどい目に遭う場合もあります。


金融車には二種類あります。


その1

クレジット会社などの自動車ローンを

利用して車を購入することってありますよね。


その利用者が自動車ローンを支払えなくなりました。

貴方がクレジット会社の人ならどうしますか?

支払いを督促しますよね。

でも支払って貰えない。

日が経つにつれ車の価値はどんどん減少していきます。


支払って貰えないのなら・・・


車を引き取って転売した方がましですよね。

そして店頭に陳列されます。

これが金融車ですね。


この時の車検証の所有者欄は

ローン会社の名義になっています。

利用者は使用者欄に記載されています。


分割払いの場合の購入者は

全て使用者欄に登録されます。

所有者欄に登録されるのは

現金一括払いの時だけなんです。

これは所有権留保という制度があって

全額支払いが完了したときには

所有者は譲渡証と名義変更に要する

一切の書類を交付する義務を負います。


陳列された車を貴方が購入するのには

何の問題もありません。

支払いが済めば所有権は貴方に移ります。


こういう車を購入する人は

賢い消費者かも知れませんね。


問題なのは次回お伝えする金融車なんです。

その2、ということでお伝えします。


この記事はお役に立ちましたか?(人気ブログランキングで応援する!)

posted by 金融マニア at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金融車について

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。